YES!WEEKEND 〜映画と英語の記録帳〜

映画と英語の記録用に使用しています

【失敗談】展示会ブースでプレゼンする際に気をつけるべき5つのこと

私は業務上プレゼンをする機会はあまり多くありません。

しかしながら、先日お願いされて大きなイベントの自社ブースでプレゼンをすることになりました。

 イベントはスタートアップ界隈では有名なイベントで、メインステージのプレゼンターは有名な方々がたくさん出られるため参加者も 4,000 人ほど集まります。

ブースもお陰様で大盛況だったものの、私のプレゼンは目も当てられないほどの大失敗でした。

最初から最後まで座って聞いてくれた人はほとんどおらず、前日の夜中まで一生懸命練習し緊張して挑んだ私と観客との温度差はすごく大きなものでした。

プレゼンが終わる頃には席はガラガラ、私がプレゼンをしなかったほうがブースに人が来てくれたのではないかと思うほどの悲しい情景でした。

その失敗はすべて私のプレゼンのせいでした。

失敗をなかったことにするのは簡単ですが、この失敗から反省点がたくさん出てきたためこの記事を書くことにしました。

失敗1. ターゲット層の設定ミス

そもそも、プレゼンのターゲットが大失敗でした。私は学生向けにプレゼンをするよう決まっていました。このイベントの運営は学生スタッフで成り立っているため、そのような意識の高い学生向けにプレゼンを準備したのですが、いざ参加すると全観客のうち学生は3割しかいないのです。

そして、実際に自分が大学生の時のことを思い返すと確かにそうだったなと思うのですが、製品体験のデモをしているブースには興味を持つものの、プレゼンを座って聞くまではないと思っている層がほとんどなのです。やはり多くいるターゲット層に対してアプローチしたはうが良いのです。人が集まっていないと本当に興味を持った人でも立ち寄りづらくなるのです。

展示会では自社が売り込みたいターゲットのいる展示会に出展するのが基本中の基本ですが、もし何らかの理由でターゲット層が違うイベントにてブースを構えないといけなくなった際には一度本当にこのプレゼンで良いのか?振り返ることが重要です。

 失敗2. 「○○つの理由」(通称 TABILABO スタイル)の構成で進めてしまった

私のテーマは依頼された際に「○○つの理由」というテーマで話してほしいとタイトルが決まっていました。ブログや TABILABO で人気のあのスタイルです。確かにタイトルはなんとなく魅力的で、飽きにくそうなプレゼンにはなりました。

良いプレゼンの鉄則でよく言われる「パンくずリストを設けて聴衆が今どこのパートなのか」をわかりやすくするようにとのルールは十二分に守っていました。

しかし、展示会やイベントでのブースの中での発表ではこれは絶対にやらない方が良いです。なぜかというと、観客が出入り自由だからです。つまり途中からプレゼンに参加した人達との距離は縮めようがなく、せっかく興味を持ってもらっても「○○つの理由の5つ目ジャーン!」と紹介した時点で、彼らは飽き飽きして出ていってしまいます。

逆に最初から聞いている人が途中で離席しにくくなるかというと、これも違うのが落とし穴でした。

プレゼン全体が一つのストーリーでないため、終わりが気になって離席できない状態にはならないのです。短編小説のようで、1つ2つ聞いたらお腹いっぱいになりいなくなってしまう人も沢山いました。

失敗3. プレゼン後半での質問スタイル

良いプレゼンを作ろうとすると私を含め若手社員は無理にでも観客へ質問を投げかけようとします。冒頭のアイスブレイクは問題ありません。しかし、半ばや後半で質問を投げかけると、これも観客が遠のくきっかけになってしまうのです。

途中から来た観客は「やばい、理解していないのに指名されそうだ」という恐怖感からうつ向くか離席をしてしまいました。

失敗4. プレゼン能力

そして大失敗の要因の最後の理由はなんといってもプレゼン能力でした。プレゼン経験の薄い私は、閑古鳥の泣いている席を見渡し余計緊張するのです。

現実から目をそむけようとするばかりに、丸暗記している原稿にも関わらずに確認してしまったり、早く終わらせたい一心でスライドを送りすぎてしまったり…。

構成をスキルでカバーできませんでした。

今回の経験は私の中では「仕事向いていないなぁ」と感じてしまう恥ずかしいものでしたが、将来同じ立場に立った際には今回よりは成長したプレゼンができるように前向きに頑張りたいと思います。

 

 

伝え方が9割

伝え方が9割